人生の価値は何を得るかではなく何を残すかにある/Kazunari Taguchi 【TED】

皆さん何のために働いていますか?皆さんにとって働く意味ってなんですか?学校を卒業しててこれからは自立しなきゃ会社に入って早く仕事を覚えようと朝から晩までがむしゃらに働いていろんな仕事がそのうちできるようになってきて気づけば使って人間としても成長しようと一緒懸命努力してもふと俺って何のために働いてんだろ。そんなふうに思ったことありませんか?

 

ある調査によると72%の人が働く意味を見失った経験があるそうです。そしてみんな口を揃えて言うそうです。お金のためだけに働くのは嫌だもっと社会に貢献できてると実感できる仕事がしたい。でも現実問題生活が大切だから給料入らせない社会貢献は老後になってできるし、稼いだお金で寄付することだって出来るんだから今はやっぱり一生懸命稼ぐことの方が大事

 

そうわかっちゃいるんだけどやっぱりなんだか、モヤモヤしたものが心のどこかに残っちゃってる。そんな事ってありませんか ?ここで皆さんにちょっと質問です。もしこんな問題が皆さんの目の前にあったら皆さんはどうしますか?

 

日本に来た外国人が部屋を貸してもらえない。外国人はルールを守らない、うるさい、保証人が立てられない。いろんな理由で外国人の入居拒否が怒っていました。さて皆さんならどうしますか?一緒に不動産屋を回って部屋探しを手伝ってあげますか?人種差別だとどっかに訴えますか?

 

せっかく日本に来てくれた外国人が部屋を貸してもらえない。もう最悪ですよね。僕頭にきてだったら僕が代わりに、大家さんの代わりに僕が外国人の皆さんに家を貸したらいいですよね?そう大家さんに話をしました。そして留学生の人たちに話を聞いてみた。

 

日本人の友達が欲しい。確かにせっかく日本に来てアパートに一人暮らしは寂しいですよね?だから僕たちが日本人と外国人が一緒に暮らすシェアハウスを作ることにしました。

 

僕らがこの事業を始めた8年前にはこの「シェアハウス」と言う言葉すら理解してもらえませんでしたが、今では東京都内に72ハウス大阪 、京都、韓国、台湾を合わせて約120ハウスを運営しています。今まで47ヶ国約4000人以上が同じ釜の飯を食い、一生の友人の出会い今では単なる住居問題を超えた価値を生み出しています。

 

次にこんな問題に出会いました。ミャンマーの農家さんが生活に苦しんでいる。この村はリンデイ村といって約250世帯ほどが暮らすミャンマーの小さな村何ですか、農家さんのほとんどが葉巻タバコの栽培をしてます 。葉巻タバコは葉っぱに穴が開いてしまうと商品価値が落ちてしまうので

みんな虫がつかないように大量の農薬をまくんです。だから農薬による健康被害が起きてます。

 

農薬や肥料といった栽培コストはどんどん上がっていくのに、買い取り金額は下がる一方なんです。仲買人からの借金はかさむ一方で生活が苦しくタイに出稼ぎに行った15歳の息子とは連絡がとれない。そんな人たちも沢山いました。村長を始め村の人たちはどうにかこの状況から抜け出したい。でもどうしたらいいかわからない 。

僕たちは葉巻タバコの代わりにハーブのオーガニック栽培を提案しました仲買人としても話をして僕らが借金の立替払いをする代わりにこの村から手をひいてもらいました。

 

お家の一角に土地を借りてハーブのテスト栽培はどんな品種のハーブがどのくらい収穫できるか確認しました。そして有機農法の専門家を採用して村の人たちしかオーガニック栽培のやり方を教えてきました。他にも井戸を作ったり収穫したハーブをドライしてカットしたりする工場も作りました。でも問題はここからです。

 

農家さん達が作ってくれたハーブの買い取り保証するんですが、それをどうやって販売するか、安売りはできません彼らからの買取金額が安くなったでは意味がないですから。でもそんなことより一番問題は日本人は誰もハーブティーなんて飲まないってことです。簡単に言うとマーケットがない。さて困ったぞと

 

結論から言うと僕らのこのハーブ事業は2014年年商8.4億円になりました。この5年間で88万人の客さんに使ってもい今では年間30トン、リンデン村約160世帯相当んのハーブを輸入するようになりました。さてどうやってやったのか?

 

僕らは妊娠中と授乳中専用のハーブティーを作りました。この2年間はカフェインを控えるのでお茶とかコーヒーを飲まなくなるんですね。そして母乳不足と言ったこの時期ならではの悩みもありました。だから僕たちは日本の助産師さんとイギリスのメディカルハーバリストに協力お願いしてそんなママたちのためのハーブティを共同開発しました。

 

こうやってできたハーブティーは妊婦さんや産後ママの間で口コミでどんどん広がり今では日本全国の産婦人科病院の15パーセントで配られるようになりました昨年は楽天のショップオブザイヤーにも選ばれました。

 

さて最後の問題です。アジア最貧国の首都バングラデシュ本当に貧しい人がたくさんいます。彼らの力になりたいでも日本の約4割ほどの面積一億五千万人が暮らすこの国は先ほどのミャンマーとは違い十分な土地はありません。

 

いたるところでお米が作られていて米の生産量は世界4位です。それでもお金が足りなくて輸入している。そんな中、水田を潰してハーブを作りましょうと言えませんよね?

 

今度は土地がない。さて皆さんならどうしますか?僕らが注目したのは牛です。イスラム教では年に2回イード呼ばれる胃牛祭があって裕福な家庭では一家に一頭牛を捧げるんですね。そして普段肉を食べられないような貧しい人たちも分け与えるという、そんな事やるんですけれども、一億五千万人いる国民の約9割がスラム教徒のバングラデシュ大勢の子が捧げられますも。

 

ちろん食されるわけですけれどもその後に残る大量の牛皮僕らはそこに注目しました。このバングラディッシュにある資源牛革を使った製品工場貧しい人たちの雇用を作ろうと思いました。日本の革職人さんに技術を教えてもらって、始めた自社工場は2年間で300名を超える人たちを雇用できるようになりました。今ご紹介したものは全て僕らの会社で行っている事業の一部です。日本、韓国、台湾、ミャンマー、バングラディッシュ世界5カ国7拠点で約500人が働いています。

 

ボランティアではありません。みんな仕事として今社会問題に取り組んでいます。だから稼ぐことと社会貢献は両立できる、そう僕は思っています。そして今皆さん聞いていただいて分かってもらったように、特別なことは何もしてません。問題を見つけて解決するというどのマーケッターも当たり前にやっていることを僕らは社会問題に対してやっているだけなんです。だから正直に言いますこのTEDの登壇も最初はずっと断っていたんです。人前で話をするような特別なことは何もしていないし、まだ何も成し遂げてない分際で人前に出て偉そうに話をするなんて恥ずかしいじゃないですか。

 

そんな恥さらしは嫌だ。でもスタッフの方がどうしても出ろっと言うんです。困ったもんです。しつこいんです。みんなは何のために働くのかすごくモヤモヤしてるから、あんたの話を聞かせたいと。でもそんなこと言ったら僕だってずっとモヤモヤしてるんですね。でも、もやもやしてるって事はそこから抜け出したいっていう証拠じゃないですか?

 

何かやりたいことがあるって言う事だと思うす。ごくいいこと。だからそのモヤモヤをもっと大切にしないといけない。そしてその前にもやもやに向かって一歩を踏み出さないといけない。でもそうした瞬間多くの人が固まっちゃうんです。

 

お金をとるか社会貢献を取るやりたいことをとるか家族をとるか。何を選択するかで悩みだす。そして何も選択せずに終わる。

 

そんな人をたくさん見ました。でも全部やったらいいじゃないですか。何かを選んで何かを諦めなければいけないそんなこと誰が言ったんですか?僕は全部できると思っています。だって全部やりたいじゃないですか。こんなこと言うと精神論みたいですがこれは精神論ではなくて事実なんです。

 

全部やりたいという自分の事実。ここから目を背けちゃいけない。後はどうやったらできるかだけを考えるんです。すぐに難しいというのはやめましょう。一般的にはとか普通はとか言うのもやめましょう。それらは全部やらないための言い訳です。変な枠に当てはめて考えるのもやめましょう。ビジネスは利潤を追求するものだ社会貢献は儲からない。家族をとるか仕事をとるか。でもそれって本当ですか ?

 

今話したようにビジネスと社会貢献の両立だってできるんです。

 

僕はバリバリ働いてますけども朝も夜も一緒に家族とご飯食べますもん。

家族第一ですけど仕事も第一です。自分の人生なんですからどっかの評論家みたいにつまんない枠に当てはめて話をそらすのはもうやめましょう。

 

自分が本当にやりたいところに向かって進んでいきましょう。でもそんなこと言ったらそんな現実は甘くないって思うかもしれません。それあんたはできるかもしれんけどやっぱり理想論だねと、確かに簡単なことではないのかもしれません。でもここにいる誰も否定できないことが一つだけあります。

 

それは僕らは毎日刻一刻と死に向かって近づいて言ってるという事実です。僕が今ここで話してる10分と言う時間は間違いなく死に向かって近づいた10分なんです。だから僕は心の中のモヤモヤをもっと大切にしたほうがいいと本当に思うんです。

 

だってモヤモヤを残したまま後悔しながら死ぬのは嫌じゃないですか。僕は田口が生まれてきたからこの世の中少し良くなったね言われて死にたいと思っています。だからこんなもんじゃ終われない。多くの人を助けたい、多くの社会問題に貢献したいと思ってます。

 

だからちまちまやっていたらいけない。最低でも1兆円ぐらいの規模でやらないといけないと本当に思っています。だからどうしたらどうやったらそれができるか僕もモヤモヤしています。僕という枠組みを超えないと駄目だ このままのスピードじゃ駄目だ

 

と思いましただから会社のあり方も変えました。今ではこの会社にはたくさんの社長たちがいます。みんな自分はこんな社会問題を解決したいと夢を持ってきて、この会社を利用してその夢を実現する。そんな社会起業家のプラットフォームのような会社に変えましただから僕はたくさんいる社長のひとりになりました。そうやって僕たちは今少しずつ大きなインパクトを生み始めました世界の人たちを助けたいという僕のビジョンは、僕という枠組みを取り払った瞬間一気に現実味を帯び始めました。

 

だから形なんてどうだっていいんです、皆さんも変な枠組みに当てはめて、やらない言い訳をするのはやめましょう。難しいとできないは違うんです。難してもできなくはないんです。だから心の中のもやもやに向かって一歩踏み出していきましょう。そしてもし選択に迷ったら、よかったらこの言葉を思い出してください人生の価値は何を得るかではなく何を残すかにある。

 

これは僕のモットーです。なんでもかんでも得ようとするから選択がややこしくなるんだと思います。人生は何を得るかではないと思います。どうせ死んだら何も持っていけないんです。でも残してはいける。だから

 

何を残すかが人生の本当の価値だと思うのです。

こうやって考えるとシンプルに一歩を踏み出せるんじゃないかなと思います。心の中にあるモヤモヤはお互い大切にこれからも頑張っていきましょう。そして私たち一人ひとりが素敵な何かを起こせるように頑張りましょう。私たち一人ひとりが何かを一つずつ残していければこの社会はどんどん良くなっていきます。みんなでそんな素敵な社会を作ってきましょう。ありがとうございました。