失敗したときは自分を褒めよう/丸山 翔太【TED】

失敗に対する考え方

皆さんは最近失敗をしましたか?失敗するのは誰だって嫌ですよね?

僕の場合は12年間短距離の選手として自分の体力の限界に挑んできたということもあり何か新しいこと、難しいことにチャレンジするのが大好き。チャレンジすることで味わえるドキドキ感ワクワク感そして自分が頑張ってるという実感が大好きなんです。

 

だからその分たくさん失敗を経験してきました。例えば幻の生物ユニコーンがいると聞いてラオスという国に一人旅に出かけましたが、ユニコーンはおらずそれどころかホテルのおじさんにお金をぼったくられましたし、趣味のジョギングでは距離を伸ばそうと思って新しい道を開拓していたら完全に道に迷い膝を故障してしまいました。なんでこんなことなったんだろうなと思うことはしょっちゅうあります。

 

失敗の乗り越え方

ではどのようにしてそれらの失敗を乗り越えてきたのか、それは僕の失敗に対する考え方に秘訣があると思いますそしてそれは失敗した時こそ自分を褒める。失敗した時こそ自分を褒めるこのような考え方を持ったきっかけが2年前のタイバンコクでの交換留学。

 

将来がグローバルに活躍したいこのようなやる気に満ちて当社が留学に臨みましたが蓋を開けてみるとタイなのに日本人どころかアジア人ばかりで日本人は僕クラスに一人だけ。しかも周りのクラスメイト達は皆自分のスピードで英語を話してくる。

そんな状況の中僕は英語での間違いが怖くて、なかなかクラスメイト達と上手く話すことができませんでした。たとえ話したとしてもちょっとした発音ミスちょっとした文法ミスを自分ですぐに責めてしまって、話せなくなってしまう悪循環に陥っていました。

 

そんなある日のことクラスメイト達はその夜のパーティーについて盛り上がってるのを聞いて僕はあることに気がついたんです。それは完璧だと思っていた彼らの英語が実は間違いだらけだったということに、中には昨日の話をしてるのに現在形で話してる人もいましたでもそれでも彼らは堂々と自分の言いたいことを発言してお互いに盛り上がっていた。

 

それを見て僕は思ったんです失敗してもいいんだむしろ外国で外国語を使う。そんな状況だったら失敗すること間違えることが多くて当然。だったらそれを責めるよりもそのチャレンジを評価しようじゃないか

 

外国で外国語を使うあまり慣れないこと新しいことにチャレンジした時は人は誰だって間違えたり失敗するのが多くて当然。だったら、その失敗を責めるんじゃなくてその努力をそのチャレンジをまずは褒めてあげようじゃないか。このように思ったんです。

 

失敗を前向きに捉えて次の行動に移る

 

すると不思議なことに英語で話すことが怖くなくなっていきました。またたとえ英会話中に間違いを犯したとしても「よっしゃあ今俺間違えた。この間違いを直せば俺はまだまだレベルアップできる」と自分に言い聞かせることによって、その間違いを引きずることがなくなり、そこから新しく何かを学びとろうという視点に切り替えることができました。

 

具体的にはその間違えたところを即座にメモしておき、寝る前だったり休み時間に確認をする。これを繰り返すことで自分の英語にも自信がつき、友達が増えるきっかけになりました。気づいたら周りを巻き込んで国際交流パーティーを企画している積極的な自分がいました。

 

「翔太本当に半年間で変わったな、どうやったらそこまで変われるんだ?驚いたよ」このような言葉をクラスメイトからもらった時は心から嬉しかったです。もちろん僕のチャレンジはまだまだ続きます今僕が将来やってみたいと思っていることはビジネスの力を使って、新しい教育の場を作りそれを運営していくこと「学生」「教師」そして「地域」の三方向がそれぞれメリットを持ってる「三方良し」の教育モデルを作りそれを世界に広めていきたい。

 

もちろんその過程には多くの失敗や多くの間違いがあると思います。でも僕はそれをマイナスには捉えません。なぜならばどんな失敗どんな間違いだって、最終的に成功してしまえばひとつの経験、ひとつの学びとなるのです。だからこそ小さな失敗に一喜一憂することなくそのチャレンジを評価していきたい。そして自分自身の大きな志を掴み取りたいと思います。

 

失敗を恐れず前向きな気持ちを持つ方法

さて今回のTEDのテーマは「ファーストストーリー」ここにいる皆さん方も何か新しいことにチャレンジされる方多いと思います。その過程で何かにつまずいたり何かに失敗したなと思った時は自分を責めるのではなくて、まず自分を褒めてみてください。それが難しいと思われる方は意識的に笑顔を作ってみてください。

 

「ちょっと皆さんでやってみましょうか? 笑顔作ってください。まだちょっと緊張しますかね?ちょっと皆さんまだ緊張してますかね」まあでもとにかく今度は笑顔を作ってみたら少し胸を張ってメッセージを少し高くしてみてください。「あ、お上手ですねありがとうございます」どうですか?ちょっと前向きな気分になりませんか?

 

形から入ることで自分が前向きになると思います。それを続けていけば考え方も少しずつ変わってくると思います。結果としてそれが次のチャレンジに対する前向きな姿勢に繋がると思います。ですので今皆さんがやったことを是非失敗したなと思った時やってみてください失敗するのは誰だって怖いことです僕だって怖いです。

 

でも失敗こそがチャレンジをした、努力をしたという何よりの証だと思います。そして失敗しないことが重要ではなくて、失敗から何を学びそしてそれを次にどう繋げるかこれが大事だと思います。だからこそ失敗した時こそ自分を褒めてみてください

 

僕もこの後控え室に帰った後、思いっきり自分を褒めて次のチャレンジを楽しみたいと思います。ありがとうございました。